肩こりはなぜ起こる!?原因を知って対策を

生活習慣が肩こりの原因に

デスクワークは典型的な肩こりの原因となりますが、そもそもの原因は頭にあります。人間の頭は5~6kgも重さがあるので、誰でも肩に大きな負担がかかっています。特に女性は肩こりに悩んでいる人が多く、その理由は男性より筋力が弱いためです。筋肉は加齢によって衰えてくるため、年齢に比例して肩こりのリスクは高くなります。それに加えて生活習慣が関係してくるので、同姿勢で作業することが多い人、慢性的なストレスが溜まっている人、運動をほとんどしない人などは注意してください。デスクワークをされる人は1時間の作業をしたら10分くらいの小休止をするのがおすすめです。そのとき身体を動かすようにして、肩周りの血行を促進させてください。

肩こりは日常の工夫で予防できる

肩こりが発生する状態というのは血流が悪くなっているのが普通です。細胞に効率よく酸素を運ぶことができませんし、疲労物質の乳酸は溜まりやすくなります。肩こり解消のためには血流改善が必要になるので、第一に身体を冷やさないようにしてください。毎日入浴する習慣のある人は肩こりが発生しにくいと言われています。半身浴はのぼせを予防しつつ身体を温められますが、肩こり解消のためには全身浴がおすすめです。ぬるめのお湯に首まで浸かるようにして、のぼせない程度に温まりましょう。入浴以外の習慣では食生活の改善が効果的で、黒酢やクエン酸の飲用をおすすめします。酸味成分は血液を綺麗にして巡りをよくしてくれるので、肩こりに悩んでいる人にとって最適な成分なのです。

肩こり注射は、肩こりの速やかな解消が期待できる治療法です。なかでも新しい治療法として注目されているのが、筋膜に働きかける注射療法です。