スキンケアがそばかす予防の決め手?肌トラブルの原因を特定して正しく対処しよう!

そばかすの特徴と発症の原因

そばかすは皮膚上に生じる色素沈着の一種です。微小な斑点状のしみが鼻を中心とした左右対称に複数形成されるのが特徴です。また、そばかすは若い人が発症することが多く、発症した人でも年齢を重ねると次第に色素が薄くなる傾向があります。そばかすは遺伝的な要素が強いので、親にそばかすがある人は自身も同様に出来やすくなります。その他、紫外線の浴び過ぎや生活を営む中で生じるストレスの蓄積など外的な要因で発症することもあるので注意が必要です。性ホルモンの分泌量が大きく変化するのもそばかすの形成を誘発します。そのため、過度の疲労による体調不良や妊娠などを経験した人は年齢に関係無く顔にそばかすが出来ることがあります。

綺麗な肌の保持に繋がるそばかす予防のポイント

そばかすが形成されると見栄えが悪くなり、個人の体質によっては斑点状のしみが拡大して顔全体がそばかすで覆われてしまうこともあります。美肌を保つためには毎日の暮らしの中でスキンケアに気を配ることが大切です。遺伝的要素が強いそばかすですが、紫外線や体調不良などが引き金になって発症することもあります。そのため、毎日の暮らしの中で肌に負担をかけないように気を配るのが不具合に見舞われるのを防ぐポイントです。

紫外線を避けるのがそばかすを防ぐための効果的な予防の方法です。紫外線は日光の他、電子機器のモニターや蛍光灯からも発生しているので、日差しが入らない屋内に居てもそばかすが出来るリスクが増大します。紫外線の発生源から離れ、こまめに化粧水などでスキンケアを施すことでそばかす形成のリスクを減らすことが可能です。

そばかすのできる原因は加齢や紫外線による影響のほか、幼少期にできるものは遺伝的な要素が強いとされています。