目の下がたるんで困っている人は、この方法できれいに解決しますよ!

老化で印象が変わるのは嫌だという人に…

同じ人でも20代の頃と40代の頃では顔の印象が違って見えますよね。若い頃と比べると肌のコラーゲンの合成量は落ちていき、質そのものも低下していくので、肌の弾力が失われていくんです。ヒアルロン酸の量も減っていきます。顔全体の皮膚がたるんでいくわけですが、目の周りはこの時膨らんで、はれたような見た目になってしまうんですよね。目の下が膨張すると、その部分に影ができるようになります。目の下のクマのうち、加齢で起こる黒クマの正体がこれです。目の周辺の皮膚のたるみが酷いと老けたイメージが強まりますし、黒クマは不健康で疲れたように見えるので、気になる人はクリニックでたるみケアをしてみてはいかがでしょうか。

切開するだけじゃないんです!

美容外科で行っているアイバックリムーブをすることで、たるみを解消することが可能です。まつ毛の生えている部分を少しだけ切開して、そこから目の周りを膨らませている余計な脂肪やたるんだ皮膚を取り除いていきます。傷跡は睫毛が上手に隠してくれるので、ほとんど目立たないんですよ。アイバックリムーブアイバックリムーブのすごい所は、ただ切開してたるみの原因を取り除いて終わりではなく、エイジングケアにもなるAGFという成長因子の一種を注入する点にあります。成長因子などを使って美容や薄毛治療に活用されることが増えましたが、アイバックリムーブも同じように成長因子の力を借りることで、コラーゲンの合成量を増やして目の周辺の皮膚に弾力を復活させていくのです。

フォトフェイシャルは、専用の医療機器を使ってニキビやそばかす、シミなど様々なお肌の悩みに対処でき、術中の肌への負担が少ないという利点があります。