腰痛は生活の歪みや危険を教えてくれるシグナル!

なぜ腰痛になるのでしょう?

腰痛の原因は様々です。「事故や故障により腰の骨や神経が圧迫される」「内臓の病気のために臓器周辺の神経が圧迫される」のようにハッキリと原因が特定できるものもあります。一方「偏った姿勢や同じ動作の繰り返し、冷え」や「心理的なストレス」、「何らかの神経的なトラブル」など原因がハッキリしないものも多く、腰痛の症状のうち原因が特定できるものは全体の約15%と言われています。

腰痛はどうやって治す?

腰痛には様々な治療法があり、「炎症を鎮めたり神経の働きを良くする薬を飲む方法」や「理学療法的な運動やマッサージ」「ストレス軽減のための心理療法」などがあります。腰痛が重症化した場合には、「痛みの原因を取り除くための手術」が行われることもあります。

また、痛みに関しては、神経ブロック療法といわれる「局所麻酔注射によって痛みを取り除き、痛みが和らいだことで筋肉の緊張がなくなり、血行を良くして症状を改善する治療法」もあります。

腰痛と上手につきあう

腰痛を起こさないために次のことを心がけましょう。まずは、よい姿勢です。腰は反らさず、丸めず、真っ直ぐに保つことを心がけましょう。暴飲暴食は控え、早寝早起きを心がけましょう。また、普段から軽い運動を心がけて、全身の血行を良くしておくことも効果的です。以前は、安静第1であった治療の現場でも、今は「激しい痛みが治まった段階で、むしろ積極的に身体を動かす」という考え方に変わってきています。

もしも、原因のわからない腰痛が続くことがあれば、内臓などの早期発見が必要な病気であることも考えられますので、早いうちに病院で検査を受けることも大切です。「腰痛」は私たちに生活の歪みや危険を知らせてくれるシグナルでもあるのです。

腰痛 注射とは腰痛を緩和することができる注射のことで、局所麻酔薬を注射するブロック注射などがあります。