白い歯は歯医者で整える時代!審美歯科治療の現状を学ぼう!

審美治療の詳細と歯を白くする目的

歯の審美治療は虫歯や歯周病などを治す一般の歯科治療とは異なり、歯の見栄えを良くするための治療を指します。中でも歯の汚れを取り除いて綺麗に仕上げるホワイトニングは歯医者の技術力が仕上がりの良し悪しに大きく影響するため、利用の際は慎重に判断することが大切です。

歯の汚れは茶渋やタバコのヤニなどが原因で発生しますが、普通の歯磨きでは完全に取り除くことは出来ません。歯が汚れていると不潔でだらしない印象を他者に与えてしまうので、対人関係を良好に保つためには速やかに歯科医院での審美治療を受ける必要があります。歯医者での審美治療は専用の薬剤で汚れの色素を分解させ、白い状態を保つ方法が主流です。近年では歯への刺激が少ない薬剤が普及しているので、口内環境を良好に保ちながらホワイトニングを行うことが可能になっています。

変色した歯を削る審美治療のメリットと注意点

一般的な審美治療であるホワイトニングは汚れを漂白することで歯を綺麗な状態に保ちますが、日数が経過すると新しい汚れが付着して再び変色する欠点があります。また、汚れの色素が歯に沁み込むと通常のホワイトニングでは完全に漂白出来ないことがあります。汚れが酷い場合は見栄えの良さを保つために対象の部分を削り取り、被せ物をはめ込む審美治療を行うのが効果的です。被せ物は変色しない材質で作られているので効果が永続的なのが大きな利点ですが、疾患が無い歯を削るので体への負担が生じる点を注意します。また、審美治療は費用の全額を患者が支払うので、予め治療内容や用意出来る予算を確認しておくのがトラブルの無い審美治療を進めるための心得です。

セレックとはセラミック修復の略語です。これはコンピューターで歯の詰め物を設計し製作するシステムの事を指し、早く仕上がる上に技工所に依頼せずに製作することが出来るので経済的というメリットがあります。